育毛剤で抜け毛を止めよう!
症状

育毛剤で抜け毛を止めよう!

抜け毛を止めるためには、「原因を取り除く取組み」と「原因に対応した育毛剤の使用」の相乗効果によって解決しなければなりません。
体質(遺伝的素因)・性ホルモン・生活習慣・ストレス・不適切なヘアケアなどが抜け毛の原因といわれますが、まず必要なことは、これらのいずれが自分の抜け毛の原因かを知ることです。
その原因を取り除かなければ、いくら育毛剤を使ってみても抜け毛は止まりません。

たとえば頭皮の血行不良が原因である抜け毛を、頭皮を清潔にしたりマッサージしたりすることもしないでいくら育毛剤を使ってみても、抜け毛は止まりません。
このような場合は、育毛剤をつけて頭皮マッサージを行うことで浸透させることができるでしょう。
医薬品の育毛剤(プロペシア、ミノキシジル)を使えば、ある程度の抜け毛防止をすることはできます。
しかし、ケアされていない頭皮ではせっかくの育毛剤も十分には吸収されませんし、使用を止めてしまえば、原因が取り除かれていないのですからまた抜け毛がはじまります。

ヘアケアの専門家は、「抜け毛予防の基本は規則正しい生活習慣、バランスの取れた食生活、それと頭皮ケア」と言います。
どんなに良い育毛剤を使用して抜け毛を止めようとしても、全く頭皮のケアがされていなければ、抜け毛予防の有効成分があっても吸収されず、効果が半減どころかほとんど失われてしまうのは当たり前のことなのです。

このページの先頭へ